ラジオCMドットコム

ラジオCMご出稿を検討の方はこちら

コラム

ラジオ時報の仕組み

2021.08.06

ラジオ時報の仕組み

私達に正確な時刻を教えてくれるラジオの時報。時計の調整に時報を使ったことがある方もいるかと思います。しかし、ラジオ時報はどのような仕組みで時間を合わせているのでしょうか?
そんな身近な疑問をまとめました。

ラジオ局は、法律で正しい時間を示すように定められています。
そのため、ラジオの放送データを管理するラジオマスター室には「親時計」と呼ばれる
基準時計が設置されており、様々な方法で時刻が正確になるように調整されています。

①屋上にアンテナを設置し、電波を使って時刻を補正する
②電話回線を利用して時刻を同期する
③GPSなどの衛星測位システムを使ったタイムサーバーを利用する
などの方法が用いられています。

ラジオ局内には、いたる所に時計が設置されていてすべて親時計と接続しています。
そうすることによってスタジオはもちろん、編成局や営業局があるフロア、廊下や会議室の時計が
同じ時刻を示すことができるため、局内にいるすべての人たちが同じ時間の中で作業することができるのです。

以上がラジオ時報の仕組みでした。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/32132e648c813937ce0b2e259db96d79ac2a7152

 

 

お問い合わせはコチラ!