ラジオCMドットコムロゴ

ラジオCMご出稿を検討の方はこちら

コラム

音声サービスが伸びています

2020.10.01

音声サービスが伸びています

ラジオ番組のインターネット配信を手掛けるラジコの利用者が900万人を突破しました。コロナ禍に伴う、在宅ワークの増加が要因でラジオ番組を聴きながら作業する方が増えたことが考えられます。他にもスマートスピーカーの普及なども背中を押しており、音声サービス市場は活況を迎えているといっても過言ではないでしょう。本コラムでは、音声サービスの代表的なものをまとめてみました。

・ラジコ
パソコンやスマートフォンでラジオが聴けるサービスです。タイムフリーで聴き逃した番組を聴くことが可能です。また、プレミアム会員になると他県のラジオの聴取が可能になります。ラジコオーディオアドというターゲティングが可能な媒体メニューもあり今注目のサービスです。

・ラジオクラウド
ポッドキャスト型のダウンロードで番組配信をおこなうサービスです。民間ラジオ放送局の一部と博報堂DYメディアパートナーズが共同で開発しています。楽曲などは著作権の問題があるため番組から外されています。聴取可能地域などの制限が無いため、他県の番組なども期限内であれば聴取可能です。

・Spotify
スウェーデンの企業が作った音楽配信サービスです。世界各国の音楽を楽しむことができ、有料会員と無料会員があります。無料会員は音楽再生の間に広告配信があります。

・voicy
Voicy(ボイシー)は、「声と個性を楽しむこれからの放送局」として2016年に始まった日本発の新しい音声メディアです。好きな番組をダウンロードして楽しむポッドキャスト型のサービスで、パーソナリティはvoicyによる審査を通過する必要があります。企業による公式チャンネルなどがあり、これからの新しいコミュニケーションチャンネルになるかもしれません。

上記サービス他にも様々な音声サービスが登場しています。
新しい変化が起こり次第、本コラムでお知らせしたいと思います。